フジコ・ヘミング&スロヴァキア国立放送交響楽団

— 奇跡のピアニスト フジコ・ヘミングが奏でるショパンとリストの名曲! —

フジコ・ヘミング &スロヴァキア国立放送交響楽団

<<このイベントは終了致しました。>>

電話注文はこちら:
楽天チケット/コンサート・ドアーズ 03-6264-4194 (発売日・平日10:00~17:00)

楽々コンビニ発券!
座席選択してチケット購入はこちら


Rakutenチケットならポイントがたまる!

ソリスト

フジコ・ヘミング(ピアノ)

日本人ピアニストの母と若きロシア系スウェーデン人デザイナーの父を両親としてベルリンに生まれる。父と別れ、東京で母の手ひとつで育ち、5歳から母の手ほどきでピアノを始める。東京芸術大学を経て、NHK毎日コンクール入賞、文化放送音楽賞など多数受賞。その後30歳でドイツへ留学。ベルリン音楽学校を優秀な成績で卒業。その後長年にわたりヨーロッパに在住し、演奏家としてのキャリアを積む中、レナード・バーンスタインほか世界的音楽家からの支持を得た。
しかし「一流の証」となるはずのリサイタル直前に風邪をこじらせ、聴力を失うというアクシデントに見舞われる。失意の中、ストックホルムに移住。耳の治療の傍ら、音楽学校の教師の資格を取得し、以後はピアノ教師をしながら、欧州各地でコンサート活動を続ける。1999年リサイタルとNHKのドキュメント番組が大反響を呼び、デビューCD「奇蹟のカンパネラ」をリリース。クラシック界異例の大ヒットを記録した。
これまで2枚のCDで日本ゴールドディスク大賞、4度にわたる各賞のクラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。モスクワ・フィル、ロイヤル・フィルなど世界各地の著名オーケストラと共演。現在、ヨーロッパをはじめ、北米、南米、ロシアなど世界中からリサイタルのオファーが絶えない。年間70本近くの公演活動で多忙を極める中、猫や犬をはじめ動物愛護への関心も深く、長年チャリティー活動も続けている。
2018年夏、初のドキュメンタリー映画「フジコ・ヘミングの時間」が公開予定。

 

スロヴァキア国立放送交響楽団

マリオ・コシック(指揮)

マリオ・コシックは、スロバキア国立放送交響楽団の指揮者として、国内外で一目置かれて高く評価される。多数の応募者の中から選出され、2000年カルロヴィ・ヴァリ・シンフォニー・オーケストラの首席指揮者に任命。これを機に、プラハ室内管弦楽団、プラハ交響楽団、ブルノ国立管弦楽団、オナスラヴァのヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団など、ヨーロッパでも有数のアンサンブル、管弦楽団や歌劇場に客演として招待される。モラヴィア・フィルハーモニー管弦楽団との共演で2006年に初来日し成功をおさめ、その後日本には何度も招聘されツアーを行う。定期的にスロヴァキア国内の指揮台に立ち確固たる地位を確立するほか、ドイツ、オーストリア、イタリア、スペイン、ポーランド、ブルガリア、ロシア、そして日本など、様々な国の異なるオーケストラやアーティストとともに数々のコンサートを行い、国際的にも名声の高い指揮者として活躍を続けている。


スロヴァキア国立放送交響楽団は、中欧を代表するオーケストラとして世界中で活動を続けている。スロヴァキアの首都ブラティスラヴァを本拠地とする。1929年スロヴァキア放送の運営するオーケストラとして設立され、1942年より、放送局の音楽監督でありスロヴァキア出身の作曲家、アレクサンデル・モイゼスの尽力により規模を拡大、ラジオ放送のための定期公演を行うようになった。現在の首席指揮者はマリオ・コシック。来日は多数あり、いずれのツアーでも各地で絶賛を博している。その優れたテクニックから、ナクソスレーベル及び姉妹レーベルのマルコ・ポーロに多数の録音を残しており、ディスコグラフィは200枚近くに上る。

 

公演詳細情報

2018/6/19(火)18:30(開場 18:00)Bunkamuraオーチャードホール

プログラム予定
ショパン:ピアノ協奏曲第1番
リスト:ラ・カンパネラ
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」

S席 ¥12,000 A席 ¥10,000 B席 ¥8,000 C席 ¥6,000 (全席指定・税込・未就学児入場不可)

電話注文はこちら:
楽天チケット/コンサート・ドアーズ 03-6264-4194 (発売日・平日10:00~17:00)

楽々コンビニ発券!
座席選択してチケット購入はこちら


Rakutenチケットならポイントがたまる!

 

◎スロヴァキア国立放送交響楽団来日公演情報