イングリット・フジコ・ヘミング コンサート

魂のピアニスト、フジコ・ヘミング出演の豪華2公演!


<<このイベントは終了致しました。>>

 

チケットはこちら(Rakutenチケットならポイントがたまる!)

ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団

フジコ・ヘミング、ハンガリー最高峰オーケストラとの共演!
情熱の協奏曲、そして新境地、ラ・カンパネラ

フジコ・ヘミング(ピアノ)

母の指導で幼い頃からピアノを始めた。10歳の時、 レオニード・クロイツァーに多大な影響を受ける。その時クロイツァーは彼女が将来世界中の人々を魅了するピアニストになるだろうと予言していた。ベルリン国立音楽学校に首席で入学。その後、ウィーンに移り、後見人でもあったパウル・バドゥラ=スコダに師事。今世紀最大の作曲家、指揮者の一人と言われるブルーノ・マデルナにウィーンで才能を認められ、彼のソリストとして契約したことはフジコが最も誇りとしているところのひとつである。1968年ドイツの“Die Welt”誌は「ショパンとリストを弾くために生まれてきたピアニスト」、「日本から新しいピアニストが出た」と報じている。
そして、フジコはウィーンでの演奏会直前に聴力を失う。1999年NHKで放映されたETV特集「フジ子~ピアニストの軌跡」は大反響を呼び、再放送の回数を重ねた。デビュー・アルバム“奇跡のカンパネラ”はクラシック界では異例の大ヒットとなり、これまでのCD販売累計は300万枚を超えた。これまでに、ロイヤル・フィル、モスクワ・フィル、ハンガリー・フィル、イングリッシュ・チェンバー・オーケストラ、ミュンヘン交響楽団などと国内外で共演を続けている。

 

マリオ・コシック(指揮)

ブラティスラヴァ音楽院にてヴァイオリンと指揮を学ぶ。卒業後は、舞台芸術アカデミーに進み、在学中からその才能を認められ、スロヴァキア放送局では過去に収録したことのない作品の数々を収録する機会に恵まれた。その成果が認められ、卒業記念演奏会では、放送交響楽団と演奏するという栄誉を与えられた。その他、プラハ室内管弦楽団、プラハ交響楽団、ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団、ヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団など、チェコ有数のオーケストラに客演。2006年にはモラヴィア・フィルハーモニー管弦楽団と来日公演を果たした。スロヴァキア国外でも活躍しており、ドイツ、オーストリア、イタリア、スペイン、ポーランド、チェコ、ロシアなどヨーロッパで数多くの指揮を務めている。現在、スロヴァキア国立放送交響楽団の首席指揮者として活躍している。スロヴァキア、チェコの音楽界において最も注目を集めている新鋭指揮者のひとりである。

 

ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団

ハプスブルグ家の名門、ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団は「ハンガリー・オペラの父」フェレンツ・エルケルによって1853年に創立。30年後にハンガリー国立歌劇場が完成すると、オペラ公演の際はピットに入り、それ以外の日にコンサートを行うという活動のパターンが出来上がった。このようにオペラ座管弦楽団の選抜メンバー(全楽団員200人中の120人)が「フィルハーモニー」を名乗って活動しているのは、世界でもこのブダペスト・フィルとウィーン・フィルの2団体のみである。
創立以来、リスト、ブラームス、マーラー、バルトーク、コダーイ、R.シュトラウスなどの作曲家が指揮またはソリストとして登場、またニキシュ、ワルター、セル、メンゲルベルク、クレンペラーといった大物指揮者も登壇してきた。中でも、ハンガリー国立歌劇場の芸術監督在任だったマーラーが交響曲第1番「巨人」を自らの指揮で初演していることは特筆される。戦後はエーリヒ・クライバー、シェルヘン、バーンスタイン、フリッチャイ、フェレンチェクなど、内外の著名な指揮者を次々と迎え、今もその歴史と伝統を守りながら精力的な活動を続けている。

 

フジコ・ヘミング ソロコンサート

フジコ・ヘミング、名曲レパートリーをコンサート・ホールで堪能!

 


公演詳細情報

フジコ・ヘミング&ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団 指揮:マリオ・コシック

    • 2017/11/21(火)19:00(開場 18:30)東京芸術劇場 コンサートホール
      プログラム予定
      リスト:ピアノ協奏曲第2番
      リスト:ラ・カンパネラ
      ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」
      S席 ¥12,000 A席 ¥10,000 B席 ¥8,000 C席 ¥6,000(全席指定・税込・未就学児入場不可)

フジコ・ヘミング~ピアノソロコンサート2017~

    • 2017/11/12(日)14:00(開場 13:30)東京文化会館 大ホール
      プログラム予定
      ショパン:エチュード「別れの曲」、「黒鍵」、「革命」他
      S席 ¥9,500 A席 ¥7,500 B席 ¥5,500 c席 ¥3,500(全席指定・税込・未就学児入場不可)

お問い合わせ先:コンサート・ドアーズ 03-3544-4577 (発売日・平日10:00~18:00)

 


チケットはこちら(Rakutenチケットならポイントがたまる!)