ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団 ニューイヤーコンサート2018

2018年1月6・8・12日

ヨハン・シュトラウス2世が創設した
ウィンナ・ワルツの正統派!

1月8日東京オペラシティ公演、9月3日日曜日10:00~電話一般発売!
1月6日ルネこだいら公演、1月12日八王子公演、9月22日金曜日10:00~電話一般発売!
※お電話は平日・発売日10:00~18:00(銀行振込のみ)でご予約承ります。


チケットはこちら(Rakutenチケットならポイントがたまる!)

ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団

wildne1

ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団は19歳の“ワルツ王” ヨハン・シュトラウス2世により結成されました。
若きシュトラウスは「美しく青きドナウ」など自作のワルツを携え、欧州のツアーを行いました。結果、大成功をおさめ、作曲家とともに楽団はヨーロッパ中で注目の的となりました。その後楽団はウィーン・フィルのコンサートマスター、ボスコフスキーの時代にニューイヤー・コンサートでその名声を確立。その後もゴールドシュミット、ヴェス、エシュヴェ、ジークハルト、ルードゥナーといった著名な指揮者を招いています。
“ワルツ王” シュトラウス一族が築いたウィンナ・ワルツの伝統を今に受け継ぎ、聴衆を魅了し続けています。

 


ヨハネス・ヴィルトナー(指揮/バイオリン)

wildne2

元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリニスト。国立コシツェ・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ国立歌劇場、ライプツィヒ歌劇場などの首席指揮者を経て、1997~2007年ノイエ・フィルハーモニー・ヴェストファーレンの総合音楽監督を務めた。
これまで、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、バイエルン放送交響楽団、北ドイツ放送交響楽団, ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団などを指揮し、2008年よりウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団への客演を始め、ウィーン楽友協会ホールなどで大好評を博した。
60枚以上のCD やDVDをリリースし、オペラの指揮にも力を注ぎ、アレーナ・ディ・ヴェローナ「カルメン」、新国立劇場「こうもり」など各地で大成功をおさめた。


ウィーン楽友協会でのライブ映像


予定プログラム

  • ヨハン・シュトラウス2世:「こうもり」序曲
  • ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・シュネル『前へ!』
  • ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ『天体の音楽』
  • ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・マズルカ『遠方から』
  • エドゥアルト・シュトラウス1世:ポルカ・シュネル『テープは切られた』
  • ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ『ウィーンの森の物語』
  • フランツ・フォン・スッペ:「山賊の仕業」序曲
  • フランツ・レハール:『金と銀』
  • ヨハン・シュトラウス2世:トリッチ・トラッチ・ポルカ
  • ヨハン・シュトラウス2世:メロディーエン・カドリーユ
  • ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ『クラップフェンの森で』
  • ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ『雷鳴と電光』
  • ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ『美しく青きドナウ』
    ※曲目は変更になる場合がございます。

公演会場・チケット価格

◎東京公演

  • 2018/1/6(土) 開演14:00 ルネこだいら 大ホール
    S席¥7,800 A席¥6,200 B席¥4,700
  • 2018/1/8(月・祝) 開演11:00 東京オペラシティ コンサートホール
    S席¥8,500 A席¥7,000 B席¥5,500 C席¥4,000
  • 2018/1/8(月・祝) 開演15:00 東京オペラシティ コンサートホール
    S席¥8,500 A席¥7,000 B席¥5,500 C席¥4,000
  • 2018/1/12(金) 開演19:00 オリンパスホール八王子 (八王子市民会館)
    S席¥7,800 A席¥6,200 B席¥4,700

お問い合わせ先:コンサート・ドアーズ 03-3544-4577 (発売日・平日10:00~18:00)

 


チケットはこちら(Rakutenチケットならポイントがたまる!)