【お知らせ】プラハ国立歌劇場「魔笛」ソリスト変更について

【お知らせ】プラハ国立歌劇場「魔笛」ソリスト変更について

プラハ国立歌劇場「魔笛」公演のうち、以下3公演で夜の女王役として出演予定だったエカテリーナ・レキーナは、病気の為来日が不可能となりました。ご了承のほどよろしくお願いいたします。

10月23日(日) 15:00開演 ソニックシティ プラハ国立歌劇場「魔笛」公演
10月29日(土) 15:00開演 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール プラハ国立歌劇場「魔笛」公演
11月  4日(金) 15:00開演 Bunkamuraオーチャードホール プラハ国立歌劇場「魔笛」公演

代わりに下記、ヴァッシリキ・カラヤンニが夜の女王として出演致します。

%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%a4%e3%83%b3%e3%83%8b%e5%86%99%e7%9c%9f

ヴァッシリキ・カラヤンニ Vassiliki Karayanni – Soprano
アテネのマリア・カラス・コンクールを含む多くの国際コンクールで入賞。2004年、ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスにて《ホフマン物語》オランピア役でデビューを飾り、その後《魔笛》夜の女王として出演。この役が彼女の主要なレパートリーとなる。2012年には、ミラノ・スカラ座でもデビューを果たした。フィレンツェ五月音楽祭、ナポリのサン・カルロ劇場、ベルリン・コーミッシェ・オーパーなどヨーロッパの主要なオペラ座に出演。ニューヨーク・カーネギーホールや、ロンドンのクイーン・エリザベス・ホールなどのコンサートでも幅広く活躍している。