~加藤浩子のスロヴェニア マリボール国立歌劇場現地レポ その1~「この劇場は伝統的な演出で、私たちの観たいオペラをやってくれるんです!」 

~加藤浩子のスロヴェニア マリボール国立歌劇場現地レポ その1~

「この劇場は伝統的な演出で、私たちの観たいオペラをやってくれるんです」

オーストリアのグラーツからバスツアーで来たという上品な老夫婦は、そう言った。

「子供に《アイーダ》を見せたくてね」

こちらは、首都リュブリヤーナから家族を連れてきたお父さんの言葉である。

写真
マリボール国立歌劇場ロビーの模様

美しい舞台と、適材適所の演奏家による水準の高い公演。

スロヴェニア国立マリボール歌劇場の舞台を観れば、オペラファンが期待するのも納得できる。

筆者が観劇した《アイーダ》も、これぞ《アイーダ》!と言いたくなる壮麗な舞台で、満席の盛況。

演出のマエストリーニ、指揮のロッサともどもイタリア人で、舞台の美的感覚も、

歌心と劇性あふれる音楽作りも、イタリア・オペラのツボを抑えたもの。

若手歌手たちの大健闘も収穫だった。

次回からは出演者の声もご紹介したい。

 

写真 (1)
「アイーダ」カーテンコールの模様

音楽評論家 加藤浩子(文と写真)