2019.6 ボローニャ歌劇場が待望の再来日!!

2019年6月ボローニャ歌劇場の引越公演を行うことが決定しました。 演目は「セヴィリアの理髪師」「リゴレット」。豪華歌手も出演が確定しております。 公演ページにてご確認ください。

Read More

ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団 ニューイヤー・コンサート2019

ヨハン・シュトラウス2世が創設したウィンナ・ワルツの正統派! 1月13日東京オペラシティ公演、9月8日土曜日10:00~電話一般発売! 1月10日八王子公演、9月12日水曜日10:00~電話一般発売! ※お電話は9月8日(土)10:00~15:00、平日10:00~18:00(セブンイレブン払込・発券のみ)でご予約承ります。 楽々コンビニ発券! 座席選択してチケット購入はこちら Rakutenチケットならポイントがたまる! ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団 ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団は、その前身ヨハン・シュトラウス管弦楽団として、1844年に弱冠19歳の‘ワルツ王’ヨハン・シュトラウス2世により結成され、世界中で愛されるウィーン音楽を生み出した。エドゥアルト1世の孫で‘ワルツ王’シュトラウス2世の又甥にあるエドゥアルト2世の時代に、“ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団”と改称し、ウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサートで有名な名物コンサートマスターのウィリー・ボスコフスキーの時代にその名声をさらに高めていった。 そして、ゴールドシュミット、ヴェス、エシュヴェ、ジークハルト、ルードゥナーなど の著名な指揮者を招いて、‘ワルツ王’シュトラウス一族が築いたウィンナ・ワルツの伝統を今に受け継ぎ、聴衆を魅了し続けている。   ヨハネス・ヴィルトナー(指揮) 元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリニスト。国立コシツェ・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ国立歌劇場、ライプツィヒ歌劇場などの首席指揮者を経て、1997~2007年ノイエ・フィルハーモニー・ヴェストファーレンの総合音楽監督を務め、2010~2014年にはBBCコンサート・オーケストラの首席客演指揮者も務めた。また2014年からはウィーン郊外のガルス城で行われる夏恒例のオペラ・フェスティバル「ガルス野外オペラ」の総監督を務めている。 これまで、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、バイエルン放送交響楽団、北ドイツ放送交響楽団, ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団などを指揮し、2008年よりウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団への客演を始め、ウィーン楽友協会ホールなどで公演を行い、好評を博している。100枚以上のCD やDVDをリリースする一方、オペラの指揮にも力を注ぎ、アレーナ・ディ・ヴェローナ「カルメン」、新国立劇場「こうもり」など各地で大成功をおさめ、近年は、毎年本楽団と共に来日し、指揮者としても各地で名声を高めている。 予定プログラム ヨハン・シュトラウス2世:喜歌劇「こうもり」序曲 ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・シュネル「そんなに怖がることはない」op. 413 ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ「ディナミーデン(秘めたる引力)」op.173 ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・マズルカ「女性賛美」op. 315 ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・シュネル「浮気心」op. 319 ヨハン・シュトラウス2世:皇帝円舞曲op. 437 ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・シュネル「山賊のギャロップ」op. 378 ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「南国の薔薇」op. 388 ヨハン・シュトラウス2世:エジプト行進曲op. 335 ヨハン・シュトラウス2世:狂乱のポルカ(ギャロップ風)op. 260 ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・フランセーズ「鍛冶屋のポルカ」op. 269 ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・シュネル「狩り」op. 373 ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「美しく青きドナウ」op. 314 ※曲目は変更になる場合がございます。 公演会場・チケット価格 ◎東京公演 2018/1/13(日) 開演11:00 東京オペラシティ コンサートホール S席¥9,000 A席¥7,500 B席¥6,000 C席¥4,000 2018/1/13(日) 開演15:00 東京オペラシティ コンサートホール S席¥9,000 A席¥7,500 B席¥6,000 C席¥4,000 2018/1/10(木) 開演15:00 オリンパスホール八王子 S席¥7,800 A席¥6,200 B席¥4,700 楽天チケット/コンサート・ドアーズ 03-6628-5416 平日10~18時  ※座席選択不可、セブンイレブン払込・発券   楽々コンビニ発券! 座席選択してチケット購入はこちら Rakutenチケットならポイントがたまる!

Read More

フジコ・ヘミング&プラハ室内オーケストラ

— 奇跡のピアニスト フジコ・ヘミングが奏でるショパンとリストの名曲! — フジコ・ヘミング &プラハ室内オーケストラ 楽々コンビニ発券! 座席選択してチケット購入はこちら Rakutenチケットならポイントがたまる! ソリスト フジコ・ヘミング(ピアノ) 日本人ピアニストの母と若きロシア系スウェーデン人デザイナーの父を両親としてベルリンに生まれる。父と別れ、東京で母の手ひとつで育ち、5歳から母の手ほどきでピアノを始める。東京芸術大学を経て、NHK毎日コンクール入賞、文化放送音楽賞など多数受賞。その後30歳でドイツへ留学。ベルリン音楽学校を優秀な成績で卒業。その後長年にわたりヨーロッパに在住し、演奏家としてのキャリアを積む中、レナード・バーンスタインほか世界的音楽家からの支持を得た。 しかし「一流の証」となるはずのリサイタル直前に風邪をこじらせ、聴力を失うというアクシデントに見舞われる。失意の中、ストックホルムに移住。耳の治療の傍ら、音楽学校の教師の資格を取得し、以後はピアノ教師をしながら、欧州各地でコンサート活動を続ける。1999年リサイタルとNHKのドキュメント番組が大反響を呼び、デビューCD「奇蹟のカンパネラ」をリリース。クラシック界異例の大ヒットを記録した。 これまで2枚のCDで日本ゴールドディスク大賞、4度にわたる各賞のクラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。モスクワ・フィル、ロイヤル・フィルなど世界各地の著名オーケストラと共演。現在、ヨーロッパをはじめ、北米、南米、ロシアなど世界中からリサイタルのオファーが絶えない。年間70本近くの公演活動で多忙を極める中、猫や犬をはじめ動物愛護への関心も深く、長年チャリティー活動も続けている。 マリオ・コシック(指揮) マリオ・コシックは、スロバキア国立放送交響楽団の指揮者として、国内外で一目置かれて高く評価される。多数の応募者の中から選出され、2000年カルロヴィ・ヴァリ・シンフォニー・オーケストラの首席指揮者に任命。これを機に、プラハ室内管弦楽団、プラハ交響楽団、ブルノ国立管弦楽団、オナスラヴァのヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団など、ヨーロッパでも有数のアンサンブル、管弦楽団や歌劇場に客演として招待される。モラヴィア・フィルハーモニー管弦楽団との共演で2006年に初来日し成功をおさめ、その後日本には何度も招聘されツアーを行う。定期的にスロヴァキア国内の指揮台に立ち確固たる地位を確立するほか、ドイツ、オーストリア、イタリア、スペイン、ポーランド、ブルガリア、ロシア、そして日本など、様々な国の異なるオーケストラやアーティストとともに数々のコンサートを行い、国際的にも名声の高い指揮者として活躍を続けている。 プラハ室内オーケストラ 1976年創設。指揮者でありヴァイオリニストでもあるオルドリッヒ・ヴルチェクが中心になり活動を開始。広いレパートリーをもち、モーツァルト、ハイドン、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、ストラヴィンスキー、グリーグ、ロッシーニなどはもちろん、20世紀音楽やチェコの作曲家のコンテンポラリーまでも演奏している。 指揮者ではノイマン、ラハバリ、シュライアー、マイヤー、リリング等と共演。 2000年からはイタリア人の指揮者であるアルフォンソ・スカラーノが主席客演指揮者になり、ドミンゴ、ホセ・クーラ、バーバラ・ヘンドリックス、ロストロポーヴィチ、イーゴリ・オイストラフ、パヴェル・コーガンなどと共演している。 200種類のCDをリリースしており、スプラフォンからは最も成功したクラシックでプラチナディスクを2回、そしてルプルスとスプラフォンとディスカバーからはゴールドディスクに輝いている。1年に10~15回のコンサートをチェコ内で開催し、40回以上はドイツやイタリア、スペイン等ヨーロッパで演奏活動をしている。プラハの春音楽祭にも毎回出演。   公演詳細情報 2018/12/05(水)18:30(開場 18:00)大宮ソニックシティ大ホール プログラム予定 ショパン:ピアノ協奏曲第1番 リスト:ラ・カンパネラ オーケストラ名曲(アイネクライネナハトムジーク、G線上のアリア、モルダウほか) S席 ¥8,500 A席 ¥7,000 B席 ¥6,000 (全席指定・税込・未就学児入場不可) 電話注文はこちら: 楽天チケット/コンサート・ドアーズ 03-6628-5416 (発売日・平日10:00-18:00) 楽々コンビニ発券! 座席選択してチケット購入はこちら Rakutenチケットならポイントがたまる!

Read More