ロベルト・デ・カンディア

バリトン(フィガロ)

コミカルや役からシリアスな役まで変幻自在に歌いこなすイタリアのバリトン。チェロ奏者出身で、音楽性の高さは折り紙つき。ヴェルディやプッチーニの役も歌うが、装飾歌唱のテクニックが万全なので、ロッシーニによる歌唱至難の役柄も、微妙なニュアンスを加えながら魅力的に歌い上げる。世界の主要劇場のほかペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティバルの常連。